螺旋のモノリス~京都湯けむり殺人神父ラヴィニ―のドキ☆釘付け魅惑大胸筋~

小説書きでミニチュアゲーマーが何の生産性もない無益なことばかり延々とくっちゃべってるブログ

虚淵ゴジラは「異常巨体」に対しても劇中で原理説明があったので良かった

 あぁ、遠藤さんが感想の続きをブログにあげてくれた。ウレシイ……ウレシイ……。そして俺は言及された箇所を読み返してニヤニヤするという最高に気持ち悪い行いをしながら土曜の夜を過ごした。返信は明日しよう。で、あのー、あれだ、なんかアメリカでゴジラの大作映画がもうすぐ公開だか何だかで、アマゾンプライムゴジラシリーズがすべてタダになっているのを聞きつけた俺は、微妙に気になってた初代を見たのであった。あー、うんうん、あの、意外なまでに、現代のゴジライメージと乖離がない。というよりシン・ゴジラがめっちゃ初代を踏襲していると言うべきか。あのー、ちょっと意外だったのが、「核兵器の犠牲者の怨念が云々」とかいう設定は初代には影も形もなく、ゴジラはぜんぜんオカルト要素のないSF存在として描かれているのである。どうやらもっと後のゴジラで付け加えられた設定のようだ。うん、なんだ、正直俺はこの「怨霊云々」設定はあまり好きではない。人知を超えた驚異が、なんか人間大の、等身大の、矮小な存在にされてしまうと思う。ゴジラってのはそんな、人間の思惑にプラスの意味でもマイナスの意味でも影響を受けたりしない存在であってほしいのだ。

 

 時間切れ。

 

(というか初代は純粋にリアルなSFを志向しているように思う。そこには三つ首の竜とか、でかい蛾とか、ゴジラ型の巨大戦闘兵器とか、頭の悪い俺でも「いやちょっとリアリティなくないか」と言いたくなるような存在はまったくいない。いや、それを言うなら身長50メートルの恐竜もリアリティの面で言えばナシと言えばナシなのだが、のちのゴジラに登場するような無茶苦茶な連中に比べれば遥かに「居そう」なのである)

完璧なプランっスねぇ~~~~~不可能って点に目をつぶればよォ~~~~~~

 ほんでな、〈無限蛇〉パイセンはやろうと思えば現存人類の食糧需要を完璧に満たし続けることができるんですよ。でもそうゆうことをすると、下々の連中が衣食足りて礼節を知ってしまい、罪を犯さなくなってしまうので、上層部の人間は意図的に下層階級に供給される食糧を、ええと人工の二割が飢える程度に抑えているんですよ。あのー、配給券を流通させて、で、それと引き換えに食い物が得られるけど、その量は上層階級のコントロール下にあって、下層階級民は常に配給券を奪い合って罪を犯し続けるわけですな。で、そうゆう鬼畜行為をする一方で、医療に関してはかなり手厚く下層民を保護しているのではなかろうか。事故や病気による死ほど無意味な死はないからな。そんなもったいない死に方をする前に食い物を奪い合って殺し合えと、そうゆうありがたい意図があるわけですな。で、その中でもたくさん殺した有望株は〈原罪兵〉に改造して野に放ち、十分な罪業を稼がせたら思考警察が〈原罪兵〉にインプラントされた発信機的なサムシングによって〈原罪兵〉を逮捕し、機動牢獄にするわけですな。残る問題は教育である。すべての子供にまっとうな倫理観を叩き込んだ上で食い物のために奪い合わせる必要があるのだが、

 

 時間切れ。

 

ディストピアなのに教育制度が超充実しているのはなんかこう、ディストピアっぽくなくて嫌だなぁとも思う)

下敷きおじさんは意図的に放たれたFOEめいたなんか

 アンタゴニアス11話をアレする。えー、なんかヴァシム氏が雑に死んだ。俺はいったいこいつをどうしたかったのだろう。何のために出したんだろう。なんとなく攻撃手段はキャラが立ってるが、まぁそれ以外特に見るべきもののない奴だった。まるでケイネス先生みたいだな!!!!(唐突なディスり) あー、えー、なんだ、このすぐ死ぬ噛ませ野郎になんでここまで紙幅を割いたのか? そんなものおれにだってわからねえよ!!!!! で、まぁ、新キャラが出たわけだが。イケババアだ。まぁ多分悪人ではないが善人でもない。自らの利益のために子供たちを囲っているが、まぁ動機はどうあれ子供たちは貧民街で一人で生きていくよりはマシな暮らしができているのだろう。で、なんだ、思ったんだけどな、この世界、〈無限蛇〉パイセンの超生産能力によって、おそらく生活必需品とかは勝手に生産されていく感じだと思うんですよ。で、そんな世界で、市民や貧民はいったいどういう暮らしを送っているのか? あの、なんつうか、労働の必要なくない? ディストピアかと思ったらユートピアじゃない? みたいな話になってくるのである。どうするべきか。まぁ、〈無限蛇〉は原子そのものを作り替える機能を持ってますよ。さもなきゃ地上を捨てた人類なんかとっくに滅んでますよ。

 

 時間切れ。

 

(ただ、衣食足りてしまうと礼節を重んじてしまい、社会全体から産出される罪業は減ってしまうのではないか? だが、そもそも罪業は使っても減らないエネルギーソースである。かつての大罪人に〈原罪兵〉へ施したようなサイコパス処理を行って感情凍結させれば永久機関じゃない? で、そのおかげで上層階級は非常に豊かな暮らしを送っていて? いやしかしそれなら下々にも恩恵は下らなければおかしいはずである。無限のエネルギー源があったら、人々は争う必要がなくなってしまう。それはいけない。いけないよ)

安心ください!!!! でかいです!!!!

ラフ画いいっすね!!endo

  せやろ!!!!!!!! なんかこう、カワイイな絵がいいなぁ、と思うが、同時に普通の萌え絵はなんか違うなぁ、と思っていただけに、この人をえらんだ俺の見識の確かさは相当なものと言ってよいであろう。そして送られてきたラフ画群に占めるリーネ・シュネービッチェン率の高さが、なんというか無言の男の唄であり奇妙な友情があった……とジョジョ二部のワムウ戦の締めくくりめいたナレーションが脳内で流れてしまうレベルで俺はこの絵師さんに共感した。彼は真の男だ。何が重要なのかをよくわかっている。パイオツをいい感じに描くことこそが最も優先すべきグランドオーダーなのである!!!!!!! で、あのー、えー、書くことがなくなったぞ。えー、あー、【悲報】ディルムッド氏、霊基再臨のみならずスキルのレベルアップにも鳳凰の羽根を要求してくる模様。おい……お前……お前……そのなけなしの羽根六つを調達するのに俺がどんだけ苦労したと思ってんだお前……三つあるスキルをレベル4からレベル5にするのに、三つすべて鳳凰の羽根が必要なのだ!!!!! 馬鹿か!!!!!! お前、もうちょっと素材を散らすとかそうゆう気づかいをしなさいよそんなだから主君の嫁に惚れられるんだよ!!!!!!

 

 時間切れ。

 

(いつになくディルムッドに辛辣ゥ!!!!!!)

無名氏とカラテしながら狙撃銃を再装填するのがカッコよかった

f:id:beal:20190514225524j:plain

f:id:beal:20190514230549j:plain

 どうですか!!!!! この!!!!! これ!!!!!! あのー、なんか、自分で想像していたフィン像よりもフィンですね、ええ。いやぁ、完成が楽しみだ。で、あー、えー、海門決戦を見終わる。面白かった!!!! なんか、あんま言及されないけど、カバネリは背景世界が美しいな……というのが強く印象に残った。テレビ本編では気付かなかったが、なんかこう、カバネには自然環境をいいかんじにする効能があったりするとかそうゆう妄想をしてしまう程度には美しい。しかし今回の敵役……美馬様の次の敵ということを考えると、なんかこう、いまいち深みが足りないというか、そういう状況で、そういう行動をとれば、まぁそうなるよね、というように、キャラクター性に対して疑問が一切わかないのである。あのー、美馬様はさ、なんか一見して何がしたいのかわかりづらいじゃないですか。なんかそこが不評だったみたいだけど、俺にはその不可解さこそがカバネリテレビシリーズの強い吸引力のひとつだったわけですよ。こいつはなんでこういうことをしているのか。そこにどんな理屈があるのか。そうゆうことを非常に妄想しがいがある奴だったわけですね。が――今回の敵の首魁に、その種の不可解さはない。

 

 時間切れ。

 

(つまり、妄想のし甲斐がないのである。ついでに言うとカバネの悪影響に普通に屈した被害者、という印象が強く、強烈な自我というものがない。あ、でも見た目はすごい好き。めちゃくそカッコイイ。見た目だけは美馬様よりカッコイイとアタシ思います)

ところで絵師さんからシロガネ五名のラフ画が送られてきて俺氏テンション高まるの巻

 ほんでな、「騎士の武略」使ってみたら、俺は勘違いしていた。スターを発生させるスキルじゃなかった。攻撃のスター発生率を大幅に上げるスキルだった。えぇ……なんかこう、正直なところ「小さな夜の曲」と比べるとかなり見劣りすると言いますか……あのー、そもそもディルムッド氏、そんなにスター稼ぎ性能に優れるキャラというわけではないのである。宝具の火力がすごいのでボス戦では大活躍だが、星を稼いでクリティカル祭りとか、そういうキャラではないのだ。で、スターというシステム上、中途半端な数を稼いでも、ゲーム上の意味はあんまりないのである。あのー、あくまでクリティカルの発生確率を上げる代物であるから、最低でも八十パーセントくらいの数字はないと使おうという気にならないのである。なんかディルムッド氏の性能と噛み合ってないスキルだなぁ、という印象。どうしよう。これ、どう活用すればいいのだろう。これが、攻撃モーションのヒット数がすごい多いキャラなら、「騎士の武略」も「おおー、ええやん」と素直に喜べたのだが……。いや、まぁいい。そんなことは。あのー、カバネリ海門決戦の第二話を視聴する。あの、さっきから無名さんがやたら可愛らしいんですがどうしちゃったのあなた。

 

 時間切れ。

 

(カワイイヤッター!! の前に戸惑う)

……よく考えたら「騎士の武略」まだ覚えただけで使ってなかった

 俺氏、ようやく鳳凰の羽根を六つ集めきり、ディルムッドの霊基再臨まで漕ぎ着けるの巻。やっと上着を着てくれたよディルムッド氏……。さて、再臨にともなってアンロックされたスキル「騎士の武略」であるが、どうやらスターを発生させる系のなんかのようだ。シンプルに強いか。えー、えーと、まずスターとは何かという話からせねばならないような気がするが、あのー、なんか敵を殴ってると、ヒットごとにスターの発生判定が行われ、一定確率でスターがドロップする。で、発生したスターは次のターンでこちらの攻撃のクリティカル率を上げる効果があるのである。スター一個につき10パーセント上がる。このスターを、攻撃に因らず発生させられるので、まぁ強いのではなかろうか。しかしちょっと待ってほしい。まったく同じ効果で、しかもこれより強げなスキルを持っているサーヴァントが存在する。モーツァルト氏である。彼のスター発生スキル「小さな夜の曲」はなんと三十個ぐらい一気にスターを発生させてしまうチートスキルであるわけだが、俺が言いたいのはモーツァルト氏のレアリティは☆1であるという点である。ディルムッドのレアリティは☆3だ。

 

 時間切れ。

 

(どういうことだ!!!! どういうことだよクソックソッ!!!! 強すぎだろう……まぁパラメータ的には☆1に相応しい貧弱さなのだが、このスキルだけで一気に一線級のキャスターである)