螺旋のモノリス~京都湯けむり殺人神父ラヴィニ―のドキ☆釘付け魅惑大胸筋~

小説書きでミニチュアゲーマーが何の生産性もない無益なことばかり延々とくっちゃべってるブログ

天使になった姿のデザインどうしよう……

「――〈聖餐は教会のなかで、善良な司祭によって与えられようと、悪徳の司祭によって与えられようと、ひとしく神聖である。かつて使徒の時代にみゆべき業をもってあらわれたかの聖霊が、神秘の原理をもって聖餐に命を与えているからである〉――」

 駆動文言(コマンドワード)。
 弱くとも、献身の誓いを果たせずとも、正義を貫くことができずとも、それでも神と正義に奉仕はできるのだと――かつての自分には、到底受け入れられなかったその言葉を。
 今、迷いなく、朗々と。

「――黄金錬成(クリュソペイア)――」

 フィンの片腕と片目から、鮮黄色の香気が沸き立ち、

 そんなわけで錬金術の資料本がさっぱり見つからなかったので、ふと目についた『正統と異端 ヨーロッパ精神の底流』からグレゴリウス一世の言葉を引用して苦肉の策とする俺であった。まぁ、俺は神も仏も一切信じてはいないが、しかしその教理の解釈をめぐって千年以上も思考と論議が交わされ続けてきた、その知の躍動をナメるほど愚かではない。この言葉は「たとえ生臭坊主の手で洗礼だかの行事が執り行われても、その効力は100パーセント問題なく発揮される」という意味であり、聖職者の道具的な性質を論じているのである。たとえ道具が不細工だろうと、その道具を振るう神の意志は無謬かつ神聖であるから、不細工な道具によって成された仕事も問題なく人の魂を救済に導くのである。この設定上の解釈を巡って大の大人が、しかも当時の最高の知識階級者が、大勢でマジになって考えているのだからその論理基盤はこの上なく強固である。これに対して無神論者の言説ってマジでつまんない。人生楽しめてないなぁと思う。まぁ、それ以前に、罪憐・ルシリウスの説法が俺の中での無神論に対する態度と考えてよい。

 

 時間切れ。

 

(不在を証明できないものを「いない」と言い切るのは科学的な態度ではない。無神論者は自らが崇拝する科学に対して誠実ではない)

ビフロスト……一体どういう存在なんだ……

 だから二人は、共に一歩を踏み出した。
 一人では踏み出せないから。
 二人で、その重荷を背負った。
 それが悟りだったから。
 フィンの肉体はこの瞬間、世界の理を外れ、小世界となった。
 己のために生きるとも、ただひとり正義を貫く強さを持たぬとも、それでも。
 誰かと寄り添えば、勇気は湧いてくるから。
 つないだ掌の温かさだけが、優しき正義の種火となるのだと、フィンはもう知っていたから。
 正義は容易く歪む。だがそれは、正義を放棄してよい理由にはならない。
 正義は容易く暴走する。それでも、正義を放棄してよい理由にはならない。

 ――ぼくの正義は、人の輪の中にあるから。

 ゆえにこそ。
 その言葉が口をついて出てきた。

「――〈

 ほんでな、フィン少年がここからいい感じのコマンドワードを詠唱して、黄金錬成し、一時的に天使化するわけなんだけどさ、あのー、錬金術関連でエメラルドタブレット以外になんかそれっぽい、荘厳っぽい文言のアテが全然ないのよね。というか資料として買った錬金術の本がマジで家のどこをひっくり返しても見つからないのでこれだから物理書籍は!!!!!! 憤慨である。マジ物理書籍とか客をナメてんの? なんで電子化しないの??? この不安定で移ろいゆく儚き肉の檻から解放され、なんかこう、いい感じに解脱しなさい。役目でしょ。これからの時代電子書籍にあらずんば書籍にあらずですよ。どうでもええわ!!!! 本格的な家探しは明日するわ!!!! ほんでな、『サイコパス』三期、第六話見たよ。ていうかまだ最後まで見てなかったのかよ!!!! その空白期間なんだよ!!!! いや……シロガネのブログ連載始めたらさ……なんかシロガネについて書かないといけないじゃないですか? なんかそういう雰囲気じゃないですか? で、俺はサイコパス三期に関しては感想書けない病への荒療治として、一話見るごとに感想書くルールを定めたじゃないですか?? したらお前、競合するじゃないですか???

 

 時間切れ。

 

(すると、シロガネ終わってから見るかぁ、みたいな話になるじゃないですか??? そして感想を何も書いていない。なんかいろいろ爆発して、いろいろ死んで、いろいろ隠された犯罪が明らかになって、俺は登場人物の名前をすっかり忘れ、話にあまりついていけず、でも面白かった(こなみかん))

ヘッドホンってどうなのかなぁ

 まぁ、その、なんだ、引用がないことからも察せられるが、今日は一文字も書けなかった。いや、時間は、あったんだが、こう、さ、FGOのバレンタインイベントがさ、今日まででさ、なんかこう、周回してたら、「もうこれ得られるもの最後まで得るべきでは?」という悪魔のささやきが聞こえてさ、ええ、さっきまで延々と敵を殺し続けていたのであった。もうね、小説を書かなかった理由としてソシャゲの周回っておよそ考えられる中で最悪のパターンだよね。喧嘩打ってんのかお前という感じであるが、苦労のかいあって二個目の伝承結晶をゲットできたので俺は満足した。そして、えー、書くことがない。伝承結晶とは何か。なんかサーヴァントのスキルレベルをマックスの10にあげるために必要な素材であり、超レアである。おわり。以上。今日の総括はそれだけです。それ以外何もありません。なんて、なんて無駄な一日なんや……ところで長時間イヤホンしてゲームしてると耳の穴が痛くなるんですけど、お前この仕様マジでクソだなオイ、俺は長時間イヤホンつけてゲームしたいんだよ馬鹿野郎なんで痛くなるんだよふざけるなよ。ところでしんどい=サンから昨日のヴォルVSフィン&リーネのラフ画が送られてきて俺はホクホク顔になった。ホクホク顔ってどんな顔ですか?

 

 時間切れ。

 

(ヴォルダガッダがイケメンすぎて俺はうっとりきた。そして乳の躍動も素晴らしい。おめーらにはみせてやんねーーーーーーー!!!!)

そういや3とかジェネシスとか出てるようだな

 神は我らを見捨てたのだという声がたくさん出る。そんな中で、信仰の道を説き続けた人だった。
 彼は最期まで正義に生き、弱者に手を差し伸べ続け、信仰を捨てることはなかった。
 彼の中で、「自分」と「信仰」は完全に合一されていた。
 自分のために生きることが、すなわち信仰に生きることだった。
 その生きざまは鮮烈で、眩かったが、誰にでもできることではない。
 だからきっと、もっと素朴な、弱くあることを自分に許せるような、そうであると同時に看過しえぬ悪には立ち向かえるような、そんな赦し。

「トウマどの」
「うん」
「手を握ってほしいであります」
「こう?」
「はいっ!」

 だからフィンは、縋るような微笑みを浮かべた。

「ひとりでは勇気が出ないので、いっしょに立ち向かってほしいのであります……」
「いいよ。君の頼みなら」

 だから二人は、共に一歩を踏み出した。

f:id:beal:20200223220442p:plain

 でまー、心の綺麗な人にはこれが前半のヴォルダガッダVSフィン&リーネの戦いに見えていることと思われるが、やべーなオイうますぎじゃね? 構図指定のためにペイントを初めて起動してみたが、自分の途轍もない才能を見出してしまって俺は今慄いている。で、ここでの注目ポインツはヴォルの双戦鎌の構え方ですな。逆手に持って、刃が背中で交差してる感じ。これな。これがやりたかった。これはもちろん、俺氏大絶賛の傑作アクションゲーム『ダークサイダーズ2』の主人公、デスさんが鎌を構えた時のニュートラルポーズなのであるが、これを初めてみた時このゲームの制作陣は天才だなと思った。あまりにもカッコよすぎるでしょう。諸手に武器をもって、交差させるぐらいなら別に珍しくもないが、鎌を逆手に持って背中で刃が交差するとか完全に中二力がカンストしてますよ。しかし大鎌って武具として使い勝手悪すぎだよね。いまさらそんな素に戻られても……という話であるが、どうにかして鎌という形状を実戦の中で活かせないかと考えはしたが無理ですよねぇ……どう考えても柄に対して真っすぐ刃がついていたほうが武具として明らかに強い。

 

 時間切れ。

 

(卓越したカラテがあればウォーピックのような運用も可能では、とも思うが、あれで敵に切っ先を突き刺したとして、アレ抜けなくない? いや、ヴォルさんの怪力があれば別にそこは問題ないか。死体がついたまま振り回せばよい。ウェイトが増えて威力倍増だ)

ヤバいくらい進まねえ

「……救われるために祈るのではない。祈ることが救いなのだ」

 いつか、礼拝のときに、偉い人が言った言葉。
 神は我らを見捨てたのだという声がたくさん出る。そんな中で、信仰の道を説き続けた人だった。

 で、性転換する。アッ、かわいらしい! よしよしこれは明らかに俺ではないな。なんか、よくしらんけどこのタイミングでスポーンしてきた良く知らん小娘だ。そいつがディルムッドにチョコを渡すところを俺は物陰からニヤニヤしながら眺めてるって寸法よ。そうゆう状況設定が完全に脳内に構築された。これでノーダメージだ。完璧な作戦だった。そして小娘がディルムッドにチョコを渡す!!!! いまいちバレンタインという風習を理解していないディルムっさんだったが、なんか小娘の必死の説明で理解!!!! 良いものですね、こうして人の世の移り変わりを知ることができるのはとても嬉しい、と人理を守る英霊らしいことを言うディルムッド!!!! そして奴は跪き? 「貴女に忠誠を誓い、幾多の戦いを潜り抜けてきましたが、過分なご厚情に恐悦至極です!」と喜んで……ってちょっと待て貴様ァァァァッッ!!!!! そいつは、その小娘は俺じゃねええええええ!!!!! 俺以外の奴に何忠誠心示してんだテメェェェェェェェ!!!!!! という俺の叫びは二人に届くことは一切なく、忠義の騎士らしく堅苦しいキャラによるギャグとかも挟みつつ和やかにイベントが終了したわけであるが、俺は二度と性転換しないことを誓った。

 

 時間切れ。

 

(まさかディルムっさんの忠誠心をぽっと出の小娘にいともあっさり奪い取られるなどという屈辱を味わわされるとは夢にも思っていなかった俺は、バレンタインに対する憎しみを胸に、屍山血河を築いてゆくことを決意した。愛など不要。あるのは戦いだけだ)

そんなわけでディルムっさんにほいほいと渡しに行ってしまったわけだ

 アンタゴニアス88話をアレしましたが、まぁそれは別にいいですわ。それよりもFGOですよお前。なんかバレンタインイベントやってますよ。この時点で何か嫌な予感がしますが、まぁイベント内の戦闘で敵を殺しまくるとチョコがドロップすることがあり、それと引き換えにサーヴァントからチョコを貰えたりするわけですな。やりますわな。まぁ、育てている女性サーヴァントからは全員分受け取るまでやりますわな。イベント見てニヨニヨしますわな。この時点でだいぶキモチワルイが、まぁそれはいい。問題はそのあとだ。チョコ以外にも育成に有用となるさまざまなアイテムをゲットするためにバトルをしまくりますわな。またチョコ出ますわな。いや、ゆうてお前、もう貰うあてもないで??? 育ててない使ってない女性サーヴァントから貰っても微妙な気持ちになるだけやしなぁ。そこで「チョコを貰う」の隣に「チョコをあげる」コマンドがありますよ。恐ろしいことに野郎どもにチョコをあげれてしまうのである。お前……お前……いや、興味はある! 正直イベントは見てみたいような気もする! しかし、しかしお前、これでお前、野郎どもが頬を赤らめて満更でもなさそうなツラで受け取りやがったらお前、俺はもう立ち直れませんよマジで。やめろ。マジでやめろ。そこで性転換ですよ。FGOは最初にプレイヤーの分身となる主人公の性別を選べるのだが、

 

 時間切れ。

 

(これはいつでも変更可能なのだ。これで女の子になってしまえば、俺はこの主人公を自分ではないものとして見ることができる! はず!)

宇宙からの色

 アンタゴニアス87話をアレする。ついに、ついにアンちゃんの戦闘描写が始まった。長かった。本当に長かった。なぜここまで長く引っ張ったのか。もっと前でも良かったのではないか。いや、アンタゴニアス出てくると、何もかも終わっちゃうし……。アンタゴニアスによって容易く破壊されてしまう、作中の社会を事前に高解像度で描きたかった。まぁそれはいい。もはや。「不可能色彩」の描写が我ながら超お気に入り。あの色をなんと名付けるべきなのか、あれを言い表す言葉を人類は持っていないが、それを非常にわかりやすく表現できたと思う。こうしてアンタゴニアスの超越性の描写を連ねてゆくと実に楽しい。やはり本作はアンタゴニアスが暴れ始めてからが本番である。で、アメリはどうするのか。これから展開はどうするのか。恐らく、今回アンちゃんがぶった切ったのは、アメリの罪業場によって甲零式機動牢獄にしか認識できなくなっている別の何か、だと思う。そんでセフィラの内側にびっしりと腕を生やして一斉にビーム撃つわけだが、しかし乙零式にすら防げたものがアンタゴニアスにとって脅威になるとは思えない。どうするか。というか俺はこの戦いをどういうものとして描くつもりなのか。当然、アンタゴニアスの超絶的な強さを描くことがメインであり、

 

 時間切れ。

 

アメリ=サンは噛ませ犬であるわけだが、どの程度苦戦させるか、という問題がある。読者目線では追い詰められているように見えて、実は全然余裕だったという「脳噛ネウロメソッド」を行使するか)